ファティリティクリニック東京の見学会に参加してきました!

こんにちは(^^)♪
静岡県富士市にあります『女性のための治療室 La maman(ラ ママン)』です。
先日、生殖医療分野で日本最高峰、世界でもトップクラスの【ファティリティクリニック東京】へ施設見学会に行ってきました。
私が所属する「一般社団法人日本妊活協会」と「一般社団法人統合医療生殖学会」の事務局長兼理事をされている柳田先生のはからいで
今回の見学会が実現しました。
こんなことは本当に絶対ありえないっっ!!というぐらいの本当に貴重な経験をさせて頂きましたm(__)m

設備のすばらしさはもちろんのこと!小田原院長をはじめ培養士さんスタッフの皆さんが不妊で悩まれる患者さんの思いを真摯に受け止め、真剣勝負で取り組んでいらっしゃることが深く伝わってきました。とくに小田原院長の「治療はベルトコンベアではいけない!」という力強いお言葉はとても心に残りました。

今回の施設見学の中で印象的だったのは最先端の医療機器が導入された培養室です!
ファティリティクリニック東京の培養技術とそこにかける思い,
患者さんを大事にする姿勢はとても高いものだということが
小田原院長や培養士さんのご説明とリアルな現場を見てよく理解できました。

培養室内の最先端機器の説明をちらっとしていきますね!

➤Piezo-ICSI(ピエゾ-イクシィ)
Piezo-ICSIとは顕微授精で使われるものです。
通常のICSI(顕微授精)は先のとがったガラス管を卵子に刺して精子を注入しますが
Piezo-ICSIはガラス管の先が平らくなっており微弱な電動で卵子の透明帯を通過させ精子を注入することが可能なんだそうです!
これは卵子にとってストレスが少ない方法でPiezo-ICSIを導入後、卵子の変性率が低下し、良好胚盤胞への到達割合が上昇しているんだそうです。

➤タイムラプスシネマトグラフィー搭載型培養庫

受精卵は、体外受精専用の培養庫内で培養されています。
通常は1日一回培養庫から受精卵を取り出し観察をするのだそうですが
タイムラプスには庫内に顕微鏡とカメラが備わっており、一定な間隔での連続写真撮影によって、動画のように成長過程を観察することができます。
より良好な受精卵の選択に重要な情報となるんですね。


小田原先生から説明頂いた際の写真を引用

培養室にて

日本妊活協会では【~不妊をゼロに~妊活を文化に】の目標を掲げています。
その目標に向かい全国の子宝整体師が活動しています。
今回の見学会で強く感じたのは、
どちらが良い悪いではなく、私たちは妊活をされている方に適した状況時に伝えること、繋げること、環境を整えることがとても必要なんだと改めて再確認し気持ちが締まりました。

今回ファティリティクリニック東京と協力医療機関として繋がることができました!

医療と妊活サポートの垣根を越え境界線を無くすこと。さらに妊活を頑張られている方々のお役に立っていきます!!


小田原院長、柳田先生、中野代表、皆さんと記念写真

関連記事

  1. 生理痛はカラダからのSOSメッセージ!
  2. blog ホームページ公開しました
  3. 卵胞を育てるホルモン
  4. 妊娠と体質改善
  5. 妊活と便秘について
  6. ごあいさつ

女性のための治療室 La maman
《妊活 産前 産後ケア 婦人科 疾患ケア》


静岡県富士市天間902-8

県道414号線(大円線)沿いのセブンイレブン天間西店様、和食処ひかた様の看板を目印に天間西の信号機のある小さな交差点を北に曲がります。右手2件目の白い建物が当院です。



PAGE TOP